FC2ブログ
地震予知速報災害対策@情報局
明日はわが身の地震を初めとする大災害。いつ起きるかわからない東海大地震や新潟県中越沖地震・台風・豪雨・豪雪・洪水などに対応するための情報・ノウハウを公開。
阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。
地震対策万全ですか?
安心安全の専門店 TSSP.jp!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震ニュース新潟県
<中越沖地震>要介護高齢者 生活不活発病の疑い 

 新潟県中越沖地震で避難している要介護の高齢者に、心身の機能が低下する「生活不活発病」の疑いがあることが県理学療法士会などの調査で分かった。調査した28人のうち3分の1が身体機能の低下を訴えた。避難生活で家事や散歩など日常的な活動が減ったことが原因で、同会などは「できる範囲で体を動かすように」と注意を呼び掛けている。
 生活不活発病(廃用症候群)は体を動かさないことで、心身の機能が低下する状態。筋力や心肺の機能低下や、うつ状態など精神にも影響し、寝たきりにもなる。高齢者の生活の質を著しく下げるため警戒されている。
 県理学療法士会と県作業療法士会が28日、要介護者が避難する柏崎市の4福祉避難所で、生活不活発病の兆候を調べるチェックシートを使って高齢者28人に聞き取り調査し、約3分の1が身体機能低下を訴えた。「地震後は寝ていることが多く、足が悪くなった」「前は壁伝いに歩けたのに車椅子を使うようになった」などの内容だった。
 避難所ではトイレや入浴など日常行動に助けを借りることが多く、周囲に気兼ねして散歩などを控える傾向などが原因とみられる。
 生活不活発病は、避難生活で起こりやすいとされ、04年の中越地震では被災地の高齢者の約3割の歩行能力が低下したことが厚生労働省調査班の調査で判明。県は今回の地震では厚労省が作った同病のチラシを配るなどして注意喚起し、県理学療法士会などに対策を依頼していた。
 対策で大切なのは本人や周囲が注意し、意識的に活動すること。同会の深川新市会長は「やりづらいことでも人任せにせず、無理のない範囲でやってみることが必要」と呼びかけている。

ヤフーニュースから引用









応援よろしく!


★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
いじめ自殺防止@情報局
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!
家電量販店で家電販売売上トップを獲得するノウハウ・方法



あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
地震予知速報災害対策@情報局
スポンサーサイト
copyright © 2005 地震予知速報災害対策@情報局 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。