FC2ブログ
地震予知速報災害対策@情報局
明日はわが身の地震を初めとする大災害。いつ起きるかわからない東海大地震や新潟県中越沖地震・台風・豪雨・豪雪・洪水などに対応するための情報・ノウハウを公開。
阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。
地震対策万全ですか?
安心安全の専門店 TSSP.jp!!
地震ニュース福岡県
記者報告会 大災害、どう対応する? 福岡・飯塚で開催

 大災害を取材した毎日新聞記者の報告会「どう防ぐ? どう対応する?」(毎日新聞社主催)が16日、福岡県飯塚市の市防災センターであった。「防災と環境」をテーマに、9日から同センターに開かれていた「遠賀の流れ」移動支局のイベントの一環。
 阪神大震災(95年)や能登半島沖地震(今年3月)、飯塚市の大水害(03年)などを取材した東京本社科学環境部の永山悦子、大阪本社社会部の花岡洋二、佐世保支局の山下誠吾の3記者が、経験を基に防災、減災への思いを語った。
 阪神大震災発生2カ月後に現地取材し、防災科学などにも詳しい永山記者は「どこにいても大きな地震が起こる。どんな備えが必要か、ぜひ考えてほしい」。花岡記者は、阪神大震災で地域住民がバラバラに仮設住宅に入居したことに触れ「『みんな一緒に』という声を記事にしたが、その声が国に届いて中越地震では、集落ごとに仮設住宅へ入居できるようになった。みんなが声をあげることで世の中は変わる」と訴えた。山下記者も「水害で目が覚めたと、飯塚の商店街の人たちが立ち上がった経緯を見てきた。まちづくりこそが、防災の決め手。新聞もそれを支援したい」と呼びかけた。

ヤフーニュースから引用









応援よろしく!


★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
いじめ自殺防止@情報局
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!




あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
地震予知速報災害対策@情報局
スポンサーサイト



copyright © 2005 地震予知速報災害対策@情報局 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.