FC2ブログ
地震予知速報災害対策@情報局
明日はわが身の地震を初めとする大災害。いつ起きるかわからない東海大地震や新潟県中越沖地震・台風・豪雨・豪雪・洪水などに対応するための情報・ノウハウを公開。
阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。
地震対策万全ですか?
安心安全の専門店 TSSP.jp!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震ニュース奈良県
<高松塚古墳>天井石の亀裂、1361年南海地震の可能性

 文化庁は6日、高松塚古墳(奈良県明日香村、7世紀末~8世紀初め)の石室天井石に大規模な亀裂を引き起こしたとされる地震の年代が、ほぼ特定されたと発表した。中世(12世紀末ごろ)の盗掘時に付いた工具の跡と亀裂の状況を調べ判明。1361年の南海地震(震度6弱)の可能性が高いという。
 盗掘坑の真上にある南端の天井石は、亀裂によって真っ二つに分断。南側面に刻まれた盗掘時の工具の跡と亀裂の関係を調べたところ、工具の跡が亀裂によってずれていた。これまでの墳丘の調査から、江戸時代の松の根の痕跡は、地震による地割れよりも新しいことが分かっている。
 このため、天井石に亀裂を生じさせた地震の発生時期は、盗掘直後から江戸時代の間と限定。記録やこん跡が残る1200年ごろ、1361年、1498年に絞られるという。このうち、南北朝時代の軍記「太平記」が四天王寺(大阪)の金堂が傾き、熊野の参詣道に地割れができたと記す1361年の地震では、近くのカヅマヤマ古墳(明日香村、7世紀後半)でも地滑りで石室が崩落している。
 寒川旭・産業技術総合研究所招聘(しょうへい)研究員(地震考古学)は、「盗掘直後の地震で石室が損傷を受けた可能性が高く、南壁が大きく削られるなど盗掘が地震による被害を大きくしたのだろう」と話した。
 一方、同庁は6日、石室解体日程の一部変更を発表した。7、8両日で青竜の描かれた東壁石を外し、14日に白虎のある西壁石、15日に南壁石を取り上げる。

ヤフーニュースから引用









応援よろしく!


★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
いじめ自殺防止@情報局
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!




あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
地震予知速報災害対策@情報局
スポンサーサイト
copyright © 2005 地震予知速報災害対策@情報局 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。